【マインドセット】「努力は報われないもの」と認識する

2019年7月31日

「努力は必ず報われる」という言葉がありますが、「努力」にフォーカスをしていると、成長マインドセットは生まれません。

努力をすることは大切なことです。ただ「努力=報われる」という考えが危険なのです。

もっともフォーカスしないといけないのは、「努力」ではなく「戦略」なのです。

成長マインドセットを身に着けるには、3つの戦略をたてる必要があります。

①達成の可能性が高いゴールを設定する
②ゴールまでのステップを明確にする
③戦略をレビューする

3つのポイントを具体的に説明していきます。

達成の可能性が高いゴールを設定

ゴールした人のイラスト(棒人間)

ここで重要なのが「達成率の高いゴール」という点です。

「有名人になる」「難関校に合格」など高い目標だといつまでたっても達成感は得られません。

重要なのは

達成出来る自信が70~80%ぐらいの目標を設定すること

「問題集を1冊終わらせる」「1日5ページ音読する」「曲のサビ部分のメロディを考え、コードを付ける」など達成出来る目標を立てて、小さな成功を積み重ねていきましょう。

「スモール・ミドルゴール」を積み重ねて、「ビッグゴール」を達成しよう。

ゴールまでのステップを明確化

紙に何かを書く人のイラスト(会社員)

小さなゴールを作ったら、達成までのステップを細分化します。

「問題集を1冊終わらせる」というゴールを設定したら、

●1日に最低10問は解く
●解けなかった問題は3日後に復習
●30分おきに10分の休憩を入れる(集中モードと緩和モード)

毎日のルーチンをできるだけ具体的に決めておくこと。

脳は少しでも行動に迷いが生じたら、急激にモチベーションが下がる性質を持っている。

戦略をレビュー

PDCAサイクルのイラスト(アイコン付き)

 

ゴール達成出来なかったら「戦略のどこが間違っていたのか?」「ゴールの立て方は正しかったのか?」をチェックします。

ゴールを達成しても「戦略のどこが良かったのか?」を分析して、成功をしっかり味わう。

3つのポイントを守って戦略を立てると、自分がゴールに向かって進んでいる実感が得られて、頭の中に「小さな勝利」の体験を積み重ねていけます。

 

Pocket